トップ > 0 嫌いな食べ物とテーブルマナー > テーブルマナー嫌いなものが出たら?-懐石料理とフランス料理の正しいマナー

結婚式の披露宴や立食パーティでの出会いを探したい!
【医師との出会いが欲しい女性限定】
1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニックに
興味はありませんか?

テーブルマナー嫌いなものが出たら?-懐石料理とフランス料理の正しいマナー

人は大抵の場合、どうしても苦手な食べ物、食材などが
ありますよね?

例えば、レストランに出かけていき
コースをおいしそうで注文をしたとします。

そこで、運ばれてきた料理の中に、嫌いな料理、食材が
あった場合、テーブルマナーとしては
どうしたらよいのでしょうか?

どうしても食べられないものというのは
誰でもあるかと思います。

では、テーブルマナーとして、食べられない
嫌いなものが出たらどうしたらよいのかをまとめてみます。


1)懐石料理など

懐石料理の場合は、基本は、嫌いなものでも全部いただく。
というのがテーブルマナーとしてのルールです。

でも、どうしても食べられないものであったり
アレルギーがある場合、体調が良くない場合など
その理由を店員に言って料理を外してもらうこともできます。

特に、懐石料理の場合、コースですと、料理が出てくる順番
や内容が事前に分からない場合も多いからです。

なので、料理が運ばれた際に、店員に伝え、下げてもらう
対処をしてもらいましょう。


2)フランス料理

フランス料理の場合ですが、テーブルマナーとしてみると
フランス料理の場合、コースですと、事前にどういう料理
がでるか分かる場合が多いです。

なので、もし、嫌いな料理、食材があったら店員に
伝えておき、外してもらうのがマナーです。

また、あまり食べれない場合、事前に、話して少しだけに
してもらうこともマナーです。

そして、例外に、体調の関係などで最後まで
食べれないこともあるでしょう。

そうしたときは、同席者が食べ終わるまで待って
下げてもらうときに、食べれない理由を告げておくとよいです。

その際のマナーは、料理に手をつけないで、下げるときに
言うのがマナーなのです。

フレンチでは、料理を残すことはマナー違反ではありません

が、やはり、シェフが一生懸命に作った料理を残すのは
あまり気分がいいものではありませんので、食べられない
場合は事前に言って、外してもらいのが最善の方法です。

結婚式の披露宴や立食パーティでの出会いを探したい!
【医師との出会いが欲しい女性限定】
1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニックに
興味はありませんか?
この記事のカテゴリーは「0 嫌いな食べ物とテーブルマナー」です。
もし、食事中に嫌いな食べ物が出てきたら・・・ 必ずそういう場面に遭遇するかもしれません。 嫌いな食べ物に関係するテーブルマナーを紹介しています
関連記事

テーブルマナー嫌いなものが出たら?-懐石料理とフランス料理の正しいマナー

人は大抵の場合、どうしても苦手な食べ物、食材などが ありますよね? 例えば、レス...