トップ > 5 ワインを飲むときのマナー > ワインを飲むときのマナーとは?-大人の食事でのマナー

結婚式の披露宴や立食パーティでの出会いを探したい!
【医師との出会いが欲しい女性限定】
1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニックに
興味はありませんか?

ワインを飲むときのマナーとは?-大人の食事でのマナー

ワインを飲むときに、あなたならどうやって飲みますか?

一般にワインを飲むときにマナーなんてあるのか?と
思う方もいるかもしれませんが、そこはワインの
飲み方にもマナーがあるのです。

では、ワインを飲むときのマナーについてまとめて
みます。

ワインを飲むときの状況といえば、どういう場面が
思い浮かぶでしょうか?

・パーティーでの集まりでワインを飲む場合
・家族での誕生日などでワインを飲む場合
・カップルでワインを飲む場合

他にも考えられる場面はあることでしょう。

そうした場面でワインを飲むときに、マナーを知っているか
どうかで、一般的なマナーを知っているかどうかを
判断されます。

ワインマナーとしては、ワイングラスについて扱い方を
知っておくとよいでしょう。

ワイングラスの扱い方

ワインのマナーで、グラスの扱い方としてのマナーですが
繊細な扱いをしなければならないワイングラスですが
乾杯の際には、ワイングラスを友人や親しい方、
あるいは家族同士で合わせる行為を見かけませんか?

こうした行為は、ワインマナーとしてはいけない
行為です。

万が一、ワイングラスが割れると危ないですので
こうした行為は薦められません。

ワインマナーとして正しいワイングラスの扱い方
としては、「お互いに目の高さまでワイングラスを
持っていき、アイコンタクトを取る」ことが
正解です。

そして、ワイングラスを持つ部分は、「ステム」部分を
持ちましょう。

ワインに注ぐ量ですが、マナーとしては、グラス全体の
3分の1、2分の1くらいが適当だと言われています。

ワインを注いでもらうときは、ワイングラスを持ち上げる
必要はなく、自分のテーブルに置いて、注いでもらう
ようにしましょう。

また、もう少しワインを飲みたいというときは
周囲にソムリエの方がおりますので、ソムリエに向かって
合図をします。

そうしますと、ソムリエの方がワインを注いでくれます。

あなたが相手にワインを注ぐ場合は、少しだけ残っている
場合に注いであげるとよいでしょう。

ワインのボトルは重いので、できれば男性が注いで
あげるようにしたほうがよいですね。

さて、次のワインのマナーですが、「テイスティング」
に関することです。

ワインのテイスティングをする際のマナーとしては
ワインを手にとって、匂い、味を確認します。

この場合に、感覚が鈍るので、匂い、味を妨げるものは
控えるようにしたほうがよいです。

ワイングラスにワインを少しだけ注ぎ、2~3回
ゆっくりと回しながら香りを楽しむようにしましょう。

最後に、こうしたワインのマナーを行なう場面は
身内のパーティーなどではまず使わないでしょう。

使用するのは、気取ったパーティー、高級なレストラン
での食事をするときなどでしょう。

せっかくの楽しい場ですから、使用する場面を理解して
使用する場で使うようにしたほうがよいでしょう。

結婚式の披露宴や立食パーティでの出会いを探したい!
【医師との出会いが欲しい女性限定】
1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニックに
興味はありませんか?
この記事のカテゴリーは「5 ワインを飲むときのマナー」です。
ワインを飲むときのマナーとは? そんな疑問にお答えしています
関連記事

ワインを飲むときのマナーとは?-大人の食事でのマナー

ワインを飲むときに、あなたならどうやって飲みますか? 一般にワインを飲むときにマ...